2020年1月17日
New! 主体的に学ぶ姿
2019年12月13日
クリスマス公演
2019年12月11日
IBOからの訪問
2019年12月10日
ATLスキル
2019年11月22日
公開研究授業
2019年11月18日
起業体験活動
2019年11月14日
学習の様子
2020年1月17日
New!

25年前の1月17日に、兵庫県南部地震が起こりました。

兵庫県の昆陽池公園では、毎年この出来事を忘れないため、また追悼の意を込めて活動が行われています。本校の教員の話からその活動について知った2年生の生徒が実際にボランティアスタッフとして活動に参加していました。

   

                 〜参加した生徒の話〜

「先生からこの活動があることを聞いて、自分なりに取り組んでみようという思いから参加を決めました。最初は、見学を考えていたけれど、先生の話を聞いて実際にスタッフとして参加してみました。

やってみて思ったのは、ボランティアとして運営に関わった自分自身が逆に来られた方にエネルギーをもらったということです。活動を続ける意味や良さがよくわかりました。

最初はやってみるかどうか迷ったけれどやってよかったです。来年も参加しようと思います。」と話してくれました。

思いや考えに共感することは多くあります。しかし、実際に行動を起こすことは簡単なことではありません。

彼のように学校内外に関わらず主体的に学習に取り組める姿勢を持った人間を附中ではこれからも育んでいきたいと思っています。

何にでもチャレンジする心、迷った時に一歩踏み出す勇気を持った附中生がたくさん出てきて、活躍して欲しいと思います。

2019年12月13日

 

12日(木)に生徒会主催のクリスマス公演が開催されました。

オタ芸に始まり、ピアノ演奏、ヴァイオリン演奏、弾き語り、コント、ダンスと様々なジャンルの発表があり、大変盛り上がりました。

企画した生徒会はもちろん、出演してくれた生徒、観客として盛り上げてくれた生徒、平日にも関わらずご参加くださった保護者の皆様ありがとうございました。

当日、参加できなかった生徒や保護者の方のために、本日、マチアルキが使用可能なクリスマス公演通信を配布しております。またご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月12日

2019年12月11日

12月10日・11日にIBOからByron先生と日高先生が来られました。

授業見学、教師との面談、また、代表生徒「生徒会」や保護者面談「PTA役員」も行い、学校としての取り組みを見て頂きました。

   

2019年12月10日

IB教育を進める本校では、目指す10の学習者像に近づいていくために必要なATL(Approaches to learning)Skillを大切にしています。簡単にいうと、学習に必要な力や学習で使える技術のようなものです。常に目にして意識するだけでも有ると無いとでは全然違います。

ほんこう美術部1年生にイラストの制作をお願いして、作ってもらいました。

 各教室の黒板、教室の出入り口に貼っています。

2019年11月22日

明日23日は、附属池田地区公開研究発表会があります。

生徒達は勿論、保護者の方も午後から校内清掃に参加してくださり、万全の準備で研究会を迎えることができます。

 

当日受付でも参加することが可能ですので、一人でも多くの方に参観頂けたらと思います。

※本研究会は保護者対象ではないため、保護者の方の参観は出来ませんことをご承知おき下さい。

また、明日はクラスによって登下校の時間が違います。

2019年11月21日

1年生は総合的な学習の時間で障がい者理解学習を行っています。今日は、2019年日本ボッチャ協会強化指定選手でもある、中村拓海様をはじめ、中村様を様々な立場で支えていらっしゃる方に講師として来て頂き、講演を行って頂きました。

講演会後にはボッチャ体験も行い、学習の最後に中村選手と数人は試合を行いました。

全員が1球に盛り上がる所に、ボッチャの面白さとスポーツの素晴らしさが凝縮されていました。

   

12月20日には、日本ボッチャ選手権が愛知県で開催されます。また、来年の8月には東京パラリンピックもあります。少しでも興味を持って、みなさんから多くの方に発信して、ボッチャファミリーがどんどん増えてほしいですね。

 

2019年11月20日

2年生の起業体験活動。20日(水)、21日(木)はC・D組が出店しています。

お店の装飾にもこだわった工夫が見られています。

また、C組のレインボージュースは容器にもこだわっており、お客の心を掴んでいました。

また、C組とD組の両方を買うと値段が少し安くなるといった、企業間同士の繋がりという工夫もあります。

 

     

 

2019年11月18日

2年生は、総合的な学習の時間で起業【企業】体験活動を行っています。

物の売買についての経路や仕組みから学習し、自分たちで販売物の検討、企画・プレゼン、出店準備に関わる掲示物やチラシの作成、配布、事前のアナウンス、仕入れ、販売まで全て行います。

本日から4日間、本校中学生・高校生を対象に出店をしています。

18日・19日はA・B組が、20日・21日はC・D組が出店します。

職場体験などの決まった場所でアルバイト的な形で行うのではなく、自分たちで一から作り上げるところが本校独自の取り組みであり、こういった力がこれからの社会では必要と考えて行っています。

また、この活動は3年生の総合的な学習の時間で行うIB教育のCP(コミュニティ・プロジェクト)にもつながります。コミュニティ・プロジェクトは、「自分の生活する地域のニーズを知り、適切なサービスを提供する。そして、自分自身が社会の中の一員としての自覚をもち、社会参画の意識を持ち、社会貢献していくことが狙いです。」

3年生でそのような活動をするためにも、2年生では、学校におけるニーズであったり、起業することの意義などを学んだりする取り組みとして行っています。

こういった活動を行うことで他者の視点に立って、物事を多面的・多角的に捉え、考える力を育成できると考えています。

A組は飲料をB組は今川焼を販売しています。

 

C組・D組が作成した教室掲示チラシ

 

2019年11月14日

1年生は総合的な学習の時間に障がい者理解学習を行なっています。金曜日に講師の先生をお招きして講演をしていただきました。様々な立場の方からお話を聞いて、より多面的・多角的に物事を考える力をつけて欲しいと思います。

来週21日(木)には、2019年日本ボッチャ協会強化指定選手であり、来年の東京パラリンピックの有力候補でもある中村拓海選手に講演していただきます。講演会の後には、ボッチャ体験会も行い、障がい者理解のみならずパラスポーツにも挑戦します。

   

本校の教育活動や本校が取り組んでいるIB学習について出来るだけHPを通じて発信していきたいと思います。今回は10の学習者像について載せさせてもらっています。10の学習者像とは、IB教育をする中で目指す人間像と言えるものです。各教室の入り口と黒板に掲示しており、1時間や1日、1単元の中で自分自身が何を意識して学習に向かうのかといった事を視覚的に意識できるようにしたものです。

10の学習者像は、「コミュニケーションができる人」「バランスの取れた人」「探求する人」「振り返りのできる人」「心を開く人」「思いやりのある人」「挑戦する人」「考える人」「信念を持つ人」「知識のある人」です。